任意整理、過払い請求時の取引履歴開示請求

過払い請求

取引履歴を手に入れるには、取引履歴の開示請求を行うことになります。
取引履歴の開示請求は、過払い請求をするのにあたり、1番最初に手を付けるべきことになります。

 

取引履歴を業者から取り寄せることは、債務者本人で行うことができます。

 

最近は電話でも応じてもらえるようですが、応じない業者がいた場合は、取引履歴の開示請求を文書(内容証明)にして出すといいでしょう。

 

そうすることによって、もし取引履歴を開示してくれなかった場合は、「このとおり、開示請求をしたのに、取引履歴を渡してくれなかった」と、裁判等で主張することができることになります。

 

取り寄せるのは、業者の計算による計算書ではなく、必ず取引履歴を取り寄せるようにします。
かつては「特別調停」などにおいても、計算書を改ざんして出す業者もいました。

 

計算書は仮に間違っていても罰せられることはありません。
しかし、取引履歴を改ざんした場合には、行政処分が科されることになります。

改ざんを見抜くためには

指摘

サラ金消費者金融等の貸金業者から開示された「取引履歴」の改ざんを見抜くためには、ATMにて返済した際の伝票等があれば、それで確認することも可能です。

 

また、銀行口座を通じて貸し借りを行っていた場合には、通帳の記載を確認することによるチェックも可能です。
使い終わった預金通帳を捨ててしまっていても、銀行の窓口で照会を頼めば、有料でけっこう手数料はかかりますが、過去10年間分の預金の出入りを郵送で送ってくれます。

 

この場合は、「通帳の再発行」ではありません。
「通帳の再発行」で記載されるのは基本的に未記帳分で、未記帳期間が長いと途中で合算されている場合もあります。「取引明細」になります。

 

このようにして集めたATMによる伝票等や銀行の取引明細と見比べてみて、貸金業者の明細に矛盾する点があることで、改ざんが見抜けることもあります。

 

貸金業者の中には、10年経過すると「自動廃棄してしまう」とする業者もいます。
さすがに現在では、10年で廃棄するのは止めたようですが、ある年より以前の記録は一切残っていないとしています。

 

過払い請求は、貸金業者との取引が長い人ほど多くの過払い金が発生していることになりますので、「古い取引については、履歴を破棄してしまった」と言われれば、困ってしまいます。

 

こういう場合は、先ほどの「取引履歴」の改ざんを見抜くときにするのと同じように、契約書やATMにて返済した際の伝票、通帳記録などを資料と、債務者本人の記憶を基に、「こんな感じの借り入れと返済だつただろう」という推定で再現した取引履歴を基に、推定計算で請求するようになります。

 

あくまで推定ですから、取引日、金額、回数などについて多少のズレは許されるものと言えます。

 

仮に間違っていたとしても、相手の貸金業者に記録がないというのですから、間違っていたと立証できるものも、相手にはないということになります。

 

司法書士事務所の中には、こうした取引履歴の再現や計算に力を入れているところも多くあります。

 

【旦那の借金問題を任意整理で解決しました。借金地獄からの脱出。】トップページに戻る